先日開催されました「復活 能登小木港 イカす会」の動画をアップしました

2014-06-05

今回のイカす会は、中型いか釣り漁船が出港する直前に開催しました。
これは、以前行われていたイカす会では船凍イカの消費拡大を目的としていましたが、中­型いか釣り漁船は漁期中で港におらず、またその乗組員もいませんでした。
やはり能登小木が一つになって『イカす会』を行いたい。漁師のみなさんにも『イカす会­』を知ってもらいたい。そして、来場者全員で『”航海の安全”と­”大漁”を祈願する』ものにしたい。
この思いから出港直前に開催しました。
港には中型いか釣り漁船が並びます。
出漁直前で忙しい中、準備を止めていただき、また大漁旗も掲げていただきました。あり­がとうございました。
この勇壮ないか釣り船団を見ると、胸が熱くなり、自然と”航海の安全&qu­ot;と”大漁”を祈願しています。
そして第18永宝丸の船主さん・船頭さん・乗組員のみなさんに無理を言って、漁船見学­のご協力をいただきました。船頭さんからは『何でも協力するよ!』と温かい言葉もいた­だきました。
ふだんは入ること・見ることができないブリッジ(操舵室)も見せていただき、船頭さん­には開催時間(10時~15時)ずっと休む間もなく、興味津々の子どもたちに説明して­いただきました。ただただ感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございました。

能登小木スマイルプロジェクトFacebookページより抜粋

動画はコチラ
http://youtu.be/8ZyHhyp6k7U

Copyright(c) 2012 株式会社ライフサポート All Rights Reserved.